辞表 書き方

辞表の書き方 役員バージョン

法的に重要な書類でもある辞表。
でも、書き方に慣れている人なんてそうそういないはず、、、。

でも、結構注意した点が多々あるもので、辞表を書く前には、気をつけなければならないポイントはおさえておいた方がいいでしょう。

例えば、一般の会社員と公務員とは書き方は違いますし、円満退社の人と会社役員の辞表の書き方など、立場によって異なってきますが、公務員の為の辞表や役員の辞表の書き方は公開されているので、参考にしてみるといいかもしれません。
でも、役員の場合、自分が辞めることによって、定款で定められ役員数が満たされなくなった場合は、次の人が確実に就任するまでは責任がかせられるため、一般の会社員のように、民法で定められた2週間前の辞表提出や、よくある会社の規定の1カ月前に提出しても認められないことがあります。
会社の役員であったらそのくらいの自分の会社のことはわかっているとは思いますが、念のため、辞表を提出する前に確認してみるといいかもしれません。

また、雇われている会社員の辞表の表題は「退職願」ですが、役員が会社を辞める場合に使用される書き方は「辞表」となります。

よくテレビドラマや映画で「辞表」と書かれた封書を上司や社長にちらつかせているひとたちは、公務員かもしくは会社役員なんですね。
そういえば、そういう役柄のひとたちって、刑事役など公務員が多いのかもしれない、と思って納得しているのは私だけでしょうか。

一方、会社の役員が会社を辞める映画やドラマ、または身近でもそんな話、あまり聞いたことがないのは、ただ単に私の周辺の環境の問題なのでしょうか。